イマカツ ジャバロンハード テクニック

イマカツジャバロンハード
使うなら同時にテクニックも磨きましょう。

イマカツジャバロンハードTechnique 1 : NO SINKER RIG
まず、イマカツのジャバロンハードをセットし、
あらゆるポイントでお使い下さい。

基本は動きが止まらない程度の最低速度で
ゆっくりと表層〜表層直下をただ引きするだけ。

また表層バジング、フォーリング、ボトムでの
デッドスティッキング、ズル引き等様々なテクニックに対応します。

また、裏返しでフックセットすればノーマルセッティングより
やや深めのレンジを更にキープしやすくなります。

裏技としてオープンウォーターではトリプルフックや
Wフックをメインフックに付けるとフッキングが倍増します。

イマカツジャバロンハードTechnique 2 : TEXAS RIG

タングステンスリップシンカーを使用してテキサスリグスタイルに
リギングします。

やや深め(2〜3m)をスイミングさせたり、
フォーリング時に縦に泳がせたり、ボトムをズルズル
と引くときに使います。

全身の動きを損なわないためにもジャバロン140には
1/8オンス(3.5g)まで、160には3/16オンス(5g)までの
シンカーをお勧めします。

イマカツジャバロンハードTechnique 3 : NAIL RIG
ネイルシンカーを入れる場合、1/32〜1/16オンスを顎の下部分、
ワームと平行にセンター部に入れて下さい。

センターがずれてしまうとワームが斜めに泳ぐことがあります。
ワームの先端に近いほどフォーリングが早くなり、
やや深めの層を引くことが出来ます。

ジャバロンハードテクニックで魚をゲットしましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。