イマカツ ステッカー 貼り方

せっかくイマカツステッカーを買えたのに、
貼るのを失敗したとか、うまく貼れないだとか、
イマカツのステッカーに関わらず、意外と貼るのが難しいのが
ステッカーですよね。

そんな”悩みは無用”テクニックをお伝えします!

と言いましても、実は、一番大事なのは準備なのです。
準備さえしっかりできていればちゃんと貼ることができます。

しっかり接着するためにあらかじめ貼る場所の汚れや油分を
しっかり除去してください。

イマカツのカッティングステッカーは、デザインを重視していますので、
小さな文字やパーツを使用しています。

小さな文字などは、接着面積が小さいため、特に下地の処理が
重要になります。

車の場合、ボディのワックス、ウィンドウの油膜や
撥水コーティングなども中性洗剤でよく洗い落としてください。

イマカツステッカーの糊は強力なものですが、
貼りつける面に油膜などがあると、ステッカーは油膜の上に
貼った状態になり、特に小さなパーツはずれたり
剥がれ落ちてしまうことがありますので、ご注意下さい。

また、イマカツステッカーは非常に薄く接着面によく馴染むため、
貼る場所に小さなゴミや埃、以前貼っていたステッカーの糊などが
残っているとその部分がデコボコになりますので、
きれいに除去しておきます。

通常の貼り方で、手軽に貼ることができます。
主に小さなステッカーや、ステッカー本体の表面積が
小さい場合に適しています。

やり直しがきかなく空気も入りやすいので、
貼り付けには慎重な作業が必要です。
二人での作業をオススメいたします。

最後に、少し入ってしまった空気を、針で刺し、
抜くところがポイントです。

綺麗に」、かっこよくイマカツステッカーを貼りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。