イマカツ クランク 意味

イマカツクランクを見る前に、
クランク自体の意味を見てみましょう。イマカツ商品を手にする前に!

クランクとは、
機械の要素の一つで回転する軸とそれとは芯のずれた軸を
結ぶ柄からなる機構です。

例として手回しのハンドルなどがあります。→ #クランク (機械要素)
上記のハンドルで特に映画用カメラ(初期の手回し時代の物)の
それを指すし、そこから映画の撮影開始をクランクイン(crank in)、
終了をクランクアップ(crank up)というようになりました(和製英語)。

上記の形状の派生用法として直角の狭いカーブが二つ交互に
繋がっている道路のことを指します。
後述の説明は自動車教習所あるいは検定所での例です。→ #クランク (道路)


クランク (機械要素)
クランクとは、機械の要素の一つで回転する軸とそれとは
芯のずれた軸を結ぶ柄からなる機構です。

クランクロッドと呼ばれる棒を介し、往復運動を回転運動に
変換する動作や、あるいはその逆の変換動作をします。

前者の例としては自動車などのレシプロエンジンがあり、
ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変えます。

類似の機構で逆にクランクの方を先に回転させればポンプになります。
クランク単体の例では人力で何かを回すためのハンドルや、
自転車のペダルなどがあります。


クランク (道路)
クランクとは狭路の一種で、直角の狭いカーブが二つ交互に
繋がっているコースで、技能検定や修了検定で必ず検査される課題の
一つです。

狭い道路を、車両感覚を捉えたり、視野を上手にとったりしながら、
適切な進路と速度を選んで通行できるようにするのが目的です。

教習生が苦労する項目で、深く入り過ぎたり、速度が速すぎたり、
ハンドルを回し足りなかったりすると、外側前輪を乗り上げてしまい
脱輪させてしまいます。

逆に、ハンドルを回すタイミングが早かったり、
ハンドルを回し過ぎたり、曲がる方向に寄せ過ぎたり
(内輪差を考えなかったり)すると、内側後輪を乗り上げてしまい
やはり脱輪させてしまい、路外にポールが立ててある場合は
接触にも注意しなければなりません。

脱輪をしたり、しそうになったりした場合には、切り返しをする
必要があります。

どうでしょう?イマカツクランクとは一見意味合いが
ないように思いますが、イマカツの商品もニュアンス的には同じです。

これで、イマカツクランクも完璧ですね?(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。