イマカツ ルアーフィッシング入門 歴史

イマカツルアーフィッシング入門
ルアーの歴史も理解しておきたいですね。

イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=歴史

日本のルアーというものは歴史の浅いものだと思われている方が
多いのではないでしょうか。

エギ(餌木)は日本にもともとあるルアーで300年の
歴史があるようなのです。

昔からルアーで、釣り易い生き物がいるという認識があったようです。
それを考えると、ルアーのほうが釣り易い魚が確実に存在することが
分かります。

しかし、そんな魚を狙うより、ルアーで釣れないと思っている魚を
釣った時の充実感がたまりません!!

ルアーの歴史は、まだまだこれからです。

イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=メリット

ルアー釣りのメリットは、道具がコンパクトで、
エサの付け替えが必要ないことです。

道具がコンパクトな分、移動が容易で魚のいるところを
早く探し出せるというのが強みです。

また、エサの付け替えが不要で、手返しが早くなり、
エサ釣りより多くキャストできます。
小魚を追っている魚には、エサより有効です。

イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=デメリット

ルアー釣りのデメリットは、先ほども書きましたが
偽物のエサを使う分なかなかエサ釣りには勝てません。

いかに本物のエサに近づけるかが一番の課題です。
エサに付いている魚は、ルアーを通しても見向きもしません...

どうでしょう。イマカツルアーフィッシング入門編。お役に立てれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。