イマカツ ダメージキャップ 歴史

イマカツダメージキャップを紹介する前に、
イマカツのダメージキャップの原点、”帽子”の歴史について紹介しましょう。

イマカツダメージキャップの原点”帽子”は、人類が裸で野山を
駆けていた頃は、もちろん無帽だったでしょうが、帽子の起源は古く、
すでに原始時代には、帽子の類似品やその前身と見られる被り物が
あったと言われています。

紀元前4千年頃にエジプトでは、王が王冠をかぶり、庶民が頭巾を
かぶるようになっていたことは、遺跡からも知ることが出来ます。

また、中国の古書にも王冠や被り物が見られます。
しかし、それらの帽子は階級の象徴であったり、
防暑・防寒・防塵または戦闘防御用として頭を保護するために
用いられていたようです。その後、文化の発展に伴なって
装飾の役目を兼ねるようになり、シルエットもいろいろと
変化してきました。

日本においても古くから烏帽子(えぼし)や頭巾が用いられていましたが、
本格的に我が国で帽子がかぶられるようになったのは明治に
なってからで、欧米の文化の導入に伴なう洋装化と共に普及してきました。

そんな”帽子”から生まれたイマカツのダメージキャップ。
人々が、自分を魅せるために被られてから今日の
イマカツダメージキャップがあるわけです。

昔の人が、”帽子”を被らなかったら、イマカツダメージキャップ以前に、
他のダメージキャップも生まれなかったかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。