イマカツ ダメージキャップ 古代エジプト

イマカツダメージキャップ
調べていくうち、各時代の帽子の役割ですとか、起源が気になりました。

イマカツダメージキャップ本当にかっこいいのですが、
古代エジプトの人たちは、帽子をどう捉えていたのでしょうか。
謎です。

エジプトの服装は単純なもので、首からウエストあるいは
足首までのチュニック風のものとロイン・クロス(loincloth)を
用いました。

男性の髪型は種々あって、髪飾りやかぶりものでいろいろ変化を出しました。

王朝時代に入ると、奴隷から王にいたるまで帽子の代りとも
考えられる”かつら”を使用するようになりました。

かつらの一般的なものはボブ(bob)で、自分の毛髪を
やや伸ばしたはどの小じんまりしたものでした。

新王国時代になりますと、国王はかつらの上に横縞の
ボンネットをスカーフのようにかぶりました。

その他、各種の王冠がありましたが、これは金属の丈の
高い筒型だったりヘルメット型でしねが女性のかつらはかなり
装飾的で、長さ、縮み方、飾りで変化づけられ、
それにリボン結びをしたり、香水をかけた円錐形の飾りを
つける習慣がありました。

中王国の王妃のかつらには、巻貝のように長く両横に
垂らしたものもみられます。

古代エジプトの人たちはどうやら今で言う”かつら”を
頭に置いていたようです。

時代は流れ、たくさん帽子が生れました。
イマカツダメージキャップもただ単に、イマカツとブランドが
付いているダメージキャップではありません。

他のダメージキャップとは一味違うのがイマカツダメージキャップです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。