イマカツ ダメージキャップ 古代エジプト

イマカツダメージキャップ
調べていくうち、各時代の帽子の役割ですとか、起源が気になりました。

イマカツダメージキャップ本当にかっこいいのですが、
古代エジプトの人たちは、帽子をどう捉えていたのでしょうか。
謎です。

エジプトの服装は単純なもので、首からウエストあるいは
足首までのチュニック風のものとロイン・クロス(loincloth)を
用いました。

男性の髪型は種々あって、髪飾りやかぶりものでいろいろ変化を出しました。

王朝時代に入ると、奴隷から王にいたるまで帽子の代りとも
考えられる”かつら”を使用するようになりました。

かつらの一般的なものはボブ(bob)で、自分の毛髪を
やや伸ばしたはどの小じんまりしたものでした。

新王国時代になりますと、国王はかつらの上に横縞の
ボンネットをスカーフのようにかぶりました。

その他、各種の王冠がありましたが、これは金属の丈の
高い筒型だったりヘルメット型でしねが女性のかつらはかなり
装飾的で、長さ、縮み方、飾りで変化づけられ、
それにリボン結びをしたり、香水をかけた円錐形の飾りを
つける習慣がありました。

中王国の王妃のかつらには、巻貝のように長く両横に
垂らしたものもみられます。

古代エジプトの人たちはどうやら今で言う”かつら”を
頭に置いていたようです。

時代は流れ、たくさん帽子が生れました。
イマカツダメージキャップもただ単に、イマカツとブランドが
付いているダメージキャップではありません。

他のダメージキャップとは一味違うのがイマカツダメージキャップです。

イマカツ ダメージキャップ 歴史

イマカツダメージキャップを紹介する前に、
イマカツのダメージキャップの原点、”帽子”の歴史について紹介しましょう。

イマカツダメージキャップの原点”帽子”は、人類が裸で野山を
駆けていた頃は、もちろん無帽だったでしょうが、帽子の起源は古く、
すでに原始時代には、帽子の類似品やその前身と見られる被り物が
あったと言われています。

紀元前4千年頃にエジプトでは、王が王冠をかぶり、庶民が頭巾を
かぶるようになっていたことは、遺跡からも知ることが出来ます。

また、中国の古書にも王冠や被り物が見られます。
しかし、それらの帽子は階級の象徴であったり、
防暑・防寒・防塵または戦闘防御用として頭を保護するために
用いられていたようです。その後、文化の発展に伴なって
装飾の役目を兼ねるようになり、シルエットもいろいろと
変化してきました。

日本においても古くから烏帽子(えぼし)や頭巾が用いられていましたが、
本格的に我が国で帽子がかぶられるようになったのは明治に
なってからで、欧米の文化の導入に伴なう洋装化と共に普及してきました。

そんな”帽子”から生まれたイマカツのダメージキャップ。
人々が、自分を魅せるために被られてから今日の
イマカツダメージキャップがあるわけです。

昔の人が、”帽子”を被らなかったら、イマカツダメージキャップ以前に、
他のダメージキャップも生まれなかったかもしれません。

イマカツ ダメージキャップ おしゃれ

イマカツダメージキャップ
”おしゃれ”にこだわる人には間違いないアイテムです。

この度、イマカツダメージキャップが登場!
被り心地の良い100%コットンのしっかりしたキャップです。

ダメージ加工と3色のカモカラーがベストマッチ!
あなたはどの色を選びますか・・・

今や、釣りもオシャレの時代です。

このおすすめイマカツダメージキャップ
お値段もリーズナブルです。

販売価格は、4,410円 (消費税込・送料別)となります。
ネット販売もしていますが、売り切れているページや、
個人売りをするほどの人気です。

ダメージキャップといえば、年齢関係なく、
もちろん男女関係なく、幅広い人気ですよ。

イマカツダメージキャップは、本当にオシャレ度が高く、
あまりと言いますか、全く釣りをされない方にも
普段街中でかぶる事もお勧めです。

シンプルでかっこいい、イマカツさんのダメージキャップ。
送料は、★お買物合計10500円以上で送料無料★ となり、
10500円未満のご注文の場合、1回の送料は全国一律480円となります。
別件注文の同梱をご希望の際は必ずご連絡して下さいとの事です。

配送は郵パックまたは福山通運(大型商品のみ)の取扱いとなります。
イマカツダメージキャップモデル IMAKATSU Damage CAP
カラー:グリーンカモ、サンドカモ、チャコールカモサイズ:
フリー素材:コットン100%です。

早いもの勝ちのイマカツダメージキャップ
IMAKATSUチーム御用達のキャップです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。